古物商許可:取り扱う古物の種類、区分って何?

古物商許可の申請には取り扱う古物の種類を(13品目の中から)決めなければいけません。

古物の13種類の品目

古物の種類は下記の表になります。

1.美術品類絵画、書、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀など
2.衣類着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗など
3.時計・宝飾品類時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類など
4.自動車自動車の部分品も含む
5.自動二輪車・原動機つき自転車自動二輪原付の部分品も含む
6.自転車自転車の部分品も含む
7.写真機類カメラ、レンズ、ビデオカメラ、光学器など
8.事務機器類コピー機、パソコン、レジスター、など
9.機械工具類電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具、ゲーム機など
10.道具類家具、運動用具、楽器、什器、電磁記録媒体、ゲームソフトなど
11.皮革、ゴム製品類カバン・靴など
12.書籍 本
13.金券類商品券、乗車券、ビール券、郵便切手、収入印紙など

古物商許可を申請する場合は、上記の13品目の中から取り扱う品目を決めなければいけません。もちろん複数選択することもできます。

選択した品目を古物商として扱えます。逆に言うと選択しない品目は古物商として扱えません。

さらに取り扱う品目の中から主として取り扱う品目をきめます。

主として取り扱う品目は許可証や許可プレートなどに〇〇商と記載されます。↓

山口県で「取り扱い品目」のご相談は当事務所にご相談ください。

お問い合わせはこちら0834-34-0491受付時間 12:00-20:00 [ 土・日対応可 ]

お問い合わせ